技術士第二次試験対策講座【建設部門】技術士第二次試験対策講座【建設部門】

info@5doors.jp

5Doors'技術士講座.comは技術士二次試験建設部門のための講座です

最終更新日:2018.11.19

堀の無料動画講座はご覧いただけましたか?
登録不要でご覧いただけます!

  • 「あなたの勉強方法は間違っている」
  • 「口頭試験に受かる経験論文の書き方」

公開中の2019年 技術士受験講座

弊社の技術士講座の特徴(コンセプト)

総受講者数延べ6600人の実績!

累計21年の指導実績から、ノウハウが集大成されてきまして、日経コンストラクションの技術士講座も担当させていただいております。指導方針は、皆さん(実務経験7年以上の技術者)の経歴を尊重し、もともと技術力はあるという見地から、知識レベルの指導をするのではなく(つまり、道路なら道路構造令の中身を講義するのではなく)、皆さんが有している技術力を100%発揮させるためのご指導をいたします。

ですから、テキストも教科書的な知識を網羅したものではなく、考え方や書き方を中心に構成してあります。

よって、当講座は以下のような方には不向きですので、お勧めしません。

  • 自分で勉強せずに、テキストや講師に合格論文の作成まで要求する方。
    (もちろん情報や資料は提供します)
  • 知識の講義を望んでいる方。

代表

堀 与志男 プロフィール

日経コンストラクションで 技術士一直線 を連載中

現在、日経コンストラクションの2008年から毎年隔号で「技術士一直線」を連載しています。
内容にご期待下さい。

2019年度技術士受験講座の比較表

○印は含まれています。×印は含まれていません。

コース Aコース Bコース Cコース 特別コース 模試コース
こんな方に最適 あと1歩で合格できそうな方 初めて受験される方、多くの勉強が必要と思われている方 新設される必須論文Tのみの勉強で十分な方 徹底的に取り組み、2019年度絶対に合格したい方(講師は代表の堀が担当させていただきます) 模擬試験のみ受験して実力をチェックされたい方
募集科目

(主要8科目=土質基礎、鋼コンクリート、都市計画、河川砂防、道路、トンネル、施工計画、建設環境)

左記主要8科目 左記主要8科目 全11科目 土質基礎、コンクリート、河川砂防、道路、施工計画の5科目 左記主要8科目
定員 20名 20名 30名 5名 各会場10名
お申込み締め切り 2019年4月30日24時 2019年4月30日24時 2019年4月30日24時 2018年12月31日24時 2019年6月15日24時
受講料(消費税込み)

※ 受講料には指導料、教材費、消費税、教材送料、セミナー会場代、講師交通費など、「受講生の方の個人交通費や個人的な支出」以外のすべてが含まれています。

20万円 35万円 7万円 50万円 5万円
ご指導対象科目 必須論文T 3枚論文 ×
選択論文U・V 6枚論文 × ×
講座内容 通信添削※1

添削期間は最大で1週間です。添削は1回につき1論文で、添削中は次の論文を提出できません。

テーマ数無制限
添削回数無制限
テーマ数無制限
添削回数無制限
テーマ数は3テーマまで
添削回数無制限
テーマ数無制限
添削回数無制限
×
スクーリング(マンツーマン面談)1回90分※2

日時は受講生と講師とで調整して決めます。会場は東京、大阪、名古屋ですが、毎回変わっても構いません。会場に来られない方はスカイプでも可能です。

お申込時1回、筆記試験までに1回の合計2回 お申込時1回、筆記試験までに3回の合計4回 × お申込時1回、筆記試験までに6回の合計7回 ×
国土交通政策の最新情報セミナー(テキスト付き・講義動画配信付き※3
  • 大 阪会場 5/11(土)
  • 名古屋会場 5/12(日)
  • 東 京会場 5/25(土)

各会場とも13:30〜16:00

×
模擬試験※4
  • 大 阪会場 6/22(土)
  • 名古屋会場 6/22(土)
  • 東 京会場 6/23(日)

各会場とも10:00〜16:30

※会場に来られない方は在宅受験も可能です。

オプション
(別途1万円)
オプション
(別途3万円)
テキスト教材 オリジナルテキスト(5Doors'編著) ×
合格指南(5Doors'著、日経BP社編、2019年3月発行予定) × ×
国土交通白書の読み方2018(堀与志男著、日経BP社編、2018年11月発行予定) × × × ×
Aコース Bコース Cコース 特別コース 模試コース
Aコース Bコース Cコース 特別コース 模試コース
こんな方に最適
あと1歩で合格できそうな方 初めて受験される方、多くの勉強が必要と思われている方 新設される必須論文Tのみの勉強で十分な方 徹底的に取り組み、2019年度絶対に合格したい方(講師は代表の堀が担当させていただきます) 模擬試験のみ受験して実力をチェックされたい方
募集科目

(主要8科目=土質基礎、鋼コンクリート、都市計画、河川砂防、道路、トンネル、施工計画、建設環境)

上記主要8科目 上記主要8科目 全11科目 土質基礎、コンクリート、河川砂防、道路、施工計画の5科目 上記主要8科目
定員
20名 20名 30名 5名 各会場10名
お申込み締め切り
2019年4月30日24時 2019年4月30日24時 2019年4月30日24時 2018年12月31日24時 2019年6月15日24時
受講料(消費税込み)

※ 受講料には指導料、教材費、消費税、教材送料、セミナー会場代、講師交通費など、「受講生の方の個人交通費や個人的な支出」以外のすべてが含まれています。

20万円 35万円 7万円 50万円 5万円
ご指導対象科目
必須論文T 3枚論文
×
ご指導対象科目
選択論文U・V 6枚論文
× ×
講座内容
通信添削※1

添削期間は最大で1週間です。添削は1回につき1論文で、添削中は次の論文を提出できません。

テーマ数無制限
添削回数無制限
テーマ数無制限
添削回数無制限
テーマ数は3テーマまで
添削回数無制限
テーマ数無制限
添削回数無制限
×
スクーリング(マンツーマン面談)1回90分※2

日時は受講生と講師とで調整して決めます。会場は東京、大阪、名古屋ですが、毎回変わっても構いません。会場に来られない方はスカイプでも可能です。

お申込時1回、筆記試験までに1回の合計2回 お申込時1回、筆記試験までに3回の合計4回 × お申込時1回、筆記試験までに6回の合計7回 ×
国土交通政策の最新情報セミナー(テキスト付き・講義動画配信付き※3
  • 大 阪会場 5/11(土)
  • 名古屋会場 5/12(日)
  • 東 京会場 5/25(土)

各会場とも13:30〜16:00

×
模擬試験※4
  • 大 阪会場 6/22(土)
  • 名古屋会場 6/22(土)
  • 東 京会場 6/23(日)

各会場とも10:00〜16:30

※会場に来られない方は在宅受験も可能です。

オプション
(別途1万円)
オプション
(別途3万円)
テキスト教材
オリジナルテキスト(5Doors'編著)
×
合格指南(5Doors'著、日経BP社編、2019年3月発行予定)
× ×
国土交通白書の読み方2018(堀与志男著、日経BP社編、2018年11月発行予定)
× × × ×
※1 通信添削:
通信添削は基本的にメールのやりとりで行いますので、通信環境を整備してください。通信添削は、講師から出題するテーマに対して、@重要なキーワードとなる見出しを3つだけ挙げる訓練とA論文を仕上げる訓練とがあります。受講生の方の知識やキャリア、ご希望でどちらかまたは両方を行います。@3つのキーワード練習の場合は上限100テーマまでです。毎日1テーマまでしか提出できません。添削期間は最大1週間です。A論文仕上げの場合も添削期間は最大1週間で、1回に1つの論文しか提出できません。添削中は次の論文を提出できません。
※2 スクーリング:
初回スクーリングで実施する内容は、受験申込時に提出する業務経歴票の内容のご指導が中心です。2回目以降は進捗状況や受講生の方のスキルなどで変わります。ご希望のご指導を行います。
スクーリング会場は、基本的に空きがある限り、東京がJR新橋駅付近、名古屋はJR名古屋駅付近、大阪はJR新大阪駅付近となります。各回ごとに東京、大阪、名古屋の会場を変更しても構いません。会場に来られない方はスカイプでも可能です。
※3 国交政策セミナー:
直近の国土交通政策を押さえて、必須論文Tや選択論文Vのネタをご紹介します。ご都合の良い会場で受講できます。出欠に係わらず、全員に5/12に名古屋会場で実施する講義の動画を配信します。
※4 模擬試験:
本番と同じ条件、科目、時間で開催します。ご都合の良い会場で受講できます。答案は1週間以内に採点、添削し、総評をつけて、メールにてPDFファイルでお返しします(答案の原本は返却しません)。会場に来られない方は、問題をお送りして、答案を返信していただく形で在宅受験も可能です。

募集中の講座

メルマガ好評配信中

国土交通政策を技術士試験用にかみ砕いて解説する無料メルマガ。技術受験対策も随時発信。バックナンバー公開中!

top